ホーム > お知らせ > 7/1sat.-7/17mon.
「山本忠臣の仕事|物と空間」
ギャラリー夏至

お知らせ

7/1sat.-7/17mon.
「山本忠臣の仕事|物と空間」
ギャラリー夏至
[イベント]

2017年06月28日

ギャラリー夏至から、展示のおしらせです。


「山本忠臣の仕事|物と空間」
 
山本忠臣|gallery yamahon・京都やまほん
     やまほん設計室 主宰
 
7月1日(土)ー7月17日(月)
 
出展作品|陶・硝子・竹・木などの工芸品
     版画・油絵・立体作品
     家具・生活用品・衣服・建築模型 他
 
作品が持つその本質を
私は佇まいから感じ取ります
細やかであり複雑な気配を糸口に
その世界に浸り込み
夢想するのが私の愉しみです
夏至の空間は展示物から静かな気配や
豊かな夢想を広げる手助けとなるようにと
2015年に設計しました
いつかこの空間で自分自身でも展示を
してみたいなとぼんやりと考えていましたが
この度 その機会をいただきました
器や家具 オブジェに日用品など
この空間で皆様に見ていただきたい作品を
展示したいと思います
普段の夏至とは少し異なった作品と空気感を
楽しんで頂けると幸いです
山本忠臣
 
16年前、私は初めてgallery yamahonに行く。
そこは環境、スケール、展示方法、何処にもない唯一の場所。
最近では多忙な山本氏は余りギャラリーにはいない。
けれども、光、配列、ものの気配、全てに存在、その眼を感じる。
ものたちは微かな緊張を孕みながらも、
其の儘、在る儘を見せてくれている。
新しくなった夏至の空間にものを置いた時、
気配が整ったように感じた。
言葉を持たないものの声に耳を澄まし、感じるための準備。
夏至に山本氏の選んだものたちと、建築の一端が並ぶ。
夏の贈物が届くみたいな気持ちで、とても愉しみにしている。
宮田法子