ホーム > お知らせ > 7/5-7/22
ガレリア表参道
アジアの布の愉しみ展
更紗琉球の織物インド・ラオスの織物

お知らせ

7/5-7/22
ガレリア表参道
アジアの布の愉しみ展
更紗琉球の織物インド・ラオスの織物
[イベント]

2014年06月28日

ガレリア表参道から、おしらせです。


アジアから、またもっと遠い中近東から日本にもたらされた布は、昔から人々の憧れをもって、茶道具の仕覆や、表具に、また帯など身に着けるものとして珍重されてきました。


木版や手描きの更紗や刺繍などの帯や、更紗など古布のパッチワークによる上野恭子さんの帯や小物、アジアを経由して伝えられ沖縄独自の美意識を加え花開いた琉球の染織、首里織、琉球紅型、芭蕉布、八重山上布、久米島紬などの帯や着物など、様々なアジアの布と染織りの楽しさをご覧いただきます。


アジアの布による帯、きもの、バッグ、麻の小物、ストール 他


7月9日、16日(水)定休
10:00a.m.~6:00p.m(. 日曜・祝日および最終日は5時終了)

    

八重山上布着尺(新垣幸子作)/ 琉球びんがた帯(城間栄順作)

木版更紗帯(左)/インド、カンタ刺繍帯(右)