ホーム > アート・トーク > 映画「祝の島」監督 纐纈あやさんのお話

アート・トーク

映画「祝の島」監督 纐纈あやさんのお話

映画「祝の島」の監督 纐纈あやさんをお迎えしました。

「祝の島(ほうりのしま)」は瀬戸内海に浮かぶ小さな島で営まれる日々のドキュメンタリー映画です。島に住む人々は海からもたらされる豊穣な恵みに支えられながら、岩だらけの土地を開拓し、棚田を耕し、限られた真水を分け合い、時には自然の脅威にさらされながら互いに助け合って生活してきました。28年前、島の対岸に原子力発電所計画が持ち上がってからは、決して暮らしやすいとはいえない島の自然を守るために一貫して反対運動を続けているそうです。

 

島では28年間毎週月曜日に原発反対定例集会を開いているそうです。纐纈さんは、その反対運動が島の人々にとって、生活の一部になっていることに驚かされたといいます。のんびりとした島の生活。そして毎日ご飯を食べることと同じ感覚で今週も「原発はんたーい」集会をしているのだそうです。

しかし、ひとたび中国電力が対岸の海岸の埋め立てを行おうとしたときには、島の住民総出で船をだし、海上にバリケードをつくり、一人ひとり思いを訴えます。

ある日、島民の抗議行動だけがクローズアップされた写真集を見た時、なにか違和感を覚えた纐纈さん。島の本当の姿を映像に残したい、人に伝えたいと思うようになりました。

 

そんな中、師匠である映画監督本橋成一さんの協力を得て、初の映画監督に挑戦することになるのです。

 

抗議行動というと、「目をつぶってこぶしを振り回している」ようなイメージがつきまといます。しかし祝島の住民は、目などつぶっていないし、守るべきもの、大事なものがはっきり見えていて、必要だから声をあげる。そして日々の暮らし、暮らし、暮らし。

纐纈さんは島に約2年あまり滞在し、この映画を完成させました。

 

祝島の事を真摯に語る纐纈さん。語るのが上手じゃないので、映像で伝えるという形をとった。とおっしゃっていましたが、十分伝わってきます。でも纐纈さんが本当に伝えたかった事を知りたい。「祝の島」が観たい!と思いました。

 

「祝の島」は7月16日(金)より長野ロキシーにて上映されます。16日には纐纈さんの舞台挨拶もあります。


会場を貸していただいた花岡酒店さん雰囲気ぴったりでしたありがとうございました。

 

日時:2011,6,23
場所:花蔵
ゲスト:纐纈あやさん

会場は花蔵 信州大学の学生さんが改修した建物です。雰囲気ぴったり。 会場は花蔵 信州大学の学生さんが改修した建物です。雰囲気ぴったり。

次回のアート・トーク

アート・トーク Vol.12

日時:6月23日(木) 19〜20時
場所:花蔵(長野市東町147花岡酒店奥)
ゲスト:纐纈あやさん

地元の歴史やこれまでの歩みなども学びつつ、次世代へと繋げるような活動にしたいと思っております。

第12回は、映画監督の纐纈あや(ハナブサアヤ)さんをお迎えします。
纐纈さんは、昨年、瀬戸内海に浮かぶ祝島(ほうりのしま)を撮り続けて、ドキュメンタリー『祝島』を監督第一作目として発表されました。祝島は、28年前、原子力発電所が計画され、反対運動を続けてきた島。『祝島』は、美しい自然と共存する島の人々の暮らしから、原発を考えさせられる作品です。
そんな作品を作られた纐纈監督の思いなどをうかがいます。

お誘い合わせの上、ぜひとも大勢の方々にご参加いただけましたらと存じます。

チラシはこちらから