ホーム > アート・トーク > 小林一家のお話

アート・トーク

小林一家のお話

先日開催されたアートトーク2010では


小林一郎(長野市郷土史研究会会長)
小林玲子(歴史の町長野を紡ぐ会代表)
小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長、歴史の町長野を紡ぐ会事務局長)
の3名がゲストとしていらっしゃいました(豪華!!!)
お客さんも結構いらっしゃってました。

ご存知かとおもいますが、小林一郎さんと玲子さんはご夫婦で、その息子さんが竜太郎さんです。
つまり、一家で同じお仕事をされているのですが、小林一郎さんのお父さんの小林計一郎さんから、郷土史一家の歴史は始まるのです。

小林計一郎さんは「信濃史科」という長野の郷土史の編さんの手伝いをしたことがきっかけで、高校教諭を務める傍ら郷土史家の道を歩み始めるのですが、今までの郷土史の研究家とは違って、一般の人々にこそわかりやすく歴史をひもときたいと考えるのです。

そして日本でさきがけて、史跡めぐりや古文書講習を始め、一般の人に解りやすい郷土史「善光寺と長野の歴史」を昭和33年に出版したのです。
これが評判になり、長野郷土史研究会を創立、機関誌の発行や、郷土の本を編集するようになったそうです。

そのような仕事ぶりを見たり手伝ったりする中で、一郎さんはもとより、玲子さんも、竜太郎さんも、いつの間にか長野の歴史に関わるようになったそうです。

最近では、善光寺や、長野の歴史の研究にとどまらず、これからの長野に歴史が活かせないかと研究、活動の範囲をひろげていて、歴史の中にこれからの長野のヒントが眠っている、とさらに研究を深めている一郎さん。
観光客にも絵解きを体感してもらいたいと尽力する玲子さん。
町の中に残っている映画館。これを大事にしたいと映画に注目している竜太郎さん。


小林計一郎さんの築いた長野郷土史研究を深め伝えると同時に、三者三様の展開をみせている様子です。

ところで、親子の会話が敬語だそうです。
お互いを尊敬し合っているからこそ敬語?
と勝手に納得。家族でこれからも良い仕事をされていくだろうなという気配が感じられました。

小林一家の皆様ありがとうございました。

そしてこのアートトークがきっかけで
もんぜん古文書入門が開催されることになったそうです。

毎月第3木曜日6回シリーズ 初回は12月16日(木)19:00~20:30
場所:ナノグラフィカ
講師:小林一郎さん
参加費:1回500 円
定員:15名(要予約)
お問い合わせ・お申し込み
長野郷土史研究会 tel:026-224-2673
メールはこちらkyodoshi@janis.or.jp

日時:2010年11月10日(水)
場所:ガレリア表参道
ゲスト:小林一郎,小林玲子,小林竜太郎さん

小林一家のお話

小林一家のお話

次回のアート・トーク

アート・トーク Vol.22

善光寺表参道ギャラリーライン
アートトーク2012
煎茶ワークショップ
〜煎茶の楽しみ・焙茶〜

日時:2月11日(月・祝) 14時〜
場所:ガレリア表参道
〒380-0832長野市東後町21番地グランドハイツ表 参道弐番館B1F
ゲスト:花岡 泉(煎茶道東阿部流 土田翠遊社中)

煎茶道の開祖は、江戸時代初期に禅宗の一つである黄檗宗を開いた隠元隆琦とされています。

この頃、煎茶自体が当時最新の中国文化であったことなどから、形式にとらわれずに煎茶を飲みながら清談を交わす、いわゆる「煎茶趣味」が文人の間で急速に広まりました。

使う茶葉には玉露・ 煎茶・番茶と種類があります。

今回は、寒い季節に喜ばれる焙茶点前をご紹介します。

涼炉の火で茶葉を炒るとたちまち芳しい香りが室内に広がります。是非味わってみて下さい。


お茶とお菓子がついて、参加費500円です。(20名、要予約)

善光寺表参道ギャラリーライン<br>アートトーク2012<br>煎茶ワークショップ<br>〜煎茶の楽しみ・焙茶〜