ホーム > アート・トーク > 善光寺門前の今昔ばなし〜かつての旦那衆の文化など〜

アート・トーク

善光寺門前の今昔ばなし〜かつての旦那衆の文化など〜

大門町そば店 かどの大丸の旦那様 藤井 壽人 さん
「善光寺門前の今昔ばなし〜かつての旦那衆の文化など〜」
というテーマでお話してくださいました。

基本的な善光寺門前の歴史からはじまり、旦那の心意気まで、
内容のつまったお話でした。
資料などももってきていただき、しばらく貸してくだいさいました
ギャルリ夏至にありますので見に行ってください。
(夏至までギャルリ夏至に置いていくよって、粋ですね)

特に気になったお話をいくつか。

・門前経済のはじまり
 門前市は室町時代にその記録があります。
 稲作に余裕がでると、麻、木綿を作ることで、富を生むようになります。
 長野では西山で魚をとる網をつくる麻が栽培され、
 その後木綿が多く栽培されるようになりました。
 江戸時代中期以降
 西町では衣料(麻、木綿)
 東町ではお砂糖や魚などの問屋が発達しました。

・大門町のまちづくりのお話
 石畳の工事中は、本当にお店に人が入らなくなり、売り上げが落ちるそうです。
 そのような時に、工事のお金を出せといっても、正直出せないものなんです。
 だから、それまで月5千円つみたてていたのがやくにたちました。
 
・旦那の心意気とは?
 例えば、昔は旦那は旦那料をはらうものと言われていたそうです。
 いわゆるチップみたいなものを払うのが当然だったようです。
 藤井さんはどうなんですか?と私たちは藤井さんの旦那の心意気を聞き出そうと
 直接問いかけたのですが、
 藤井さんは今でも、それを実践されている様子でしたが、
 おつりは受け取らない。という言い方をされていました。
 なんとも答え方がさりげないですね。
 
そんな話を受けて、
「旦那衆にもっと話を聞きたい」
「旦那衆講座ひらいて欲しい」
などという話も一部で聞かれました。
「僕ら30年後にあんなに語れる人になっているかな〜」
と脱帽している方もいました。

藤井さんのお話をお聞きするのは初めてでしたが、
語り継ぎたい長野のお話、門前のお話し満載でした。
耳にタコができるぐらい何回もお聞きしたい。
またお願いしたいです。
どうもありがとうございました。

日時:2010年6月16日(水)
場所:ガレリア表参道
ゲスト:藤井壽人さん

善光寺門前の今昔ばなし〜かつての旦那衆の文化など〜

次回のアート・トーク

アート・トーク Vol.30

善光寺表参道ギャラリーライン
アートトーク2013
現代を切り拓いた女性 草間彌生

日時:11月28日(木)19:00〜
場所:ガレリア表参道
〒380-0832長野市東後町21番地
グランドハイツ表参道弐番館B1F
ゲスト:園田清佳さん
   (信濃毎日新聞社文化部)

松本出身の画家・草間弥生は、2011~12 年には世界屈指の欧米の現代美術館を回顧
展が巡回するなど評価が高まっています。
約1年間に渡って草間弥生を取材し、「草間弥生 前衛の軌跡」(信濃毎日新聞社刊)を
出版した園田さんにお話を伺います。
常に時代の先端を、批判を受けながら走った草間弥生~草間芸術をご一緒に考えてみたいと思います。

【お問い合わせ】
善光寺表参道ギャラリーライン協議会事務局(ガレリア表参道内)
電話 026-217-7660

善光寺表参道ギャラリーライン<br>アートトーク2013<br>現代を切り拓いた女性 草間彌生